春画展

今日の東京は曇り、一時雨

 

昨日、日本で初めて開かれた春画の展覧会を見るために目白台にある永青文庫に出かけてきました。奥さんはそんな恥ずかしい絵をみるのはイヤだと言っていたのですが、出かけてみると広い年齢層にわたった女性が多数来館していたので安心したらしく、じっくり鑑賞していました。

永青文庫の門
春画展 永青文庫

一時過ぎに入って外に出てみると、入り口には長い行列ができていました。ほんの一時間ほどの差でしたが、早めにきて正解でした。
春画展 永青文庫

別棟では物品販売を行っていました。中では春画の描かれたTシャツやエコバッグなどが販売されていました。
春画展 永青文庫

僕は、ちょっと荷物になりましたが、和綴じ風の図録(4000円)を購入です。
春画展 図録

ただでさえ、本を置くところに難渋しているのにまた購入してしまうなんて最悪ですね。

永青文庫からの帰路は昔の細川庭園である新江戸川公園を経由して帰りました。残念ながら新江戸川公園は現在工事中でちょっと風情にかけました。

新江戸川公園

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中