Leica M 「バッテリー要検査」

今朝の東京は晴れ。

昨日は飲み過ぎて久しぶりの午前様。とはいえ、爺になると朝はいつものように目が覚めてしまうので寝不足でちょっと頭がくらくらしています。

 

.

先日Leica M(Type240)を久しぶりに引っ張り出してみると、液晶にバッテリー要検査の紅い文字が!

Leica M Type240 バッテリー要検査

バッテリーがへたったのかと思い、予備のバッテリーに差し替えてみてもメッセージは消えません。まあ、シャッターはちゃんと切れるので、気にせずそのまま持ち出して使ってしまいました。

家に戻ってネットで調べてみると、バッテリーが生産されて2~3年を超えると出てくる警告だそうです。ファームウェアを2.0.3にアップデートすればメッセージは消えるということなので、早速アップデート・・・無事メッセージは表示されなくなりました。ところが、カメラの設定をバックアップしておくのを忘れてしまい、アップデート後のカメラは工場出荷状態にもどっていまいました。日本製のカメラのようにファームウェアを更新しても以前の設定が残るようにして欲しいモノです。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中