亀戸刀削麺

今朝の東京は曇り、予報では曇り時々晴れだそうです。

 

.

リトルチャイナ化が進んでいる江東区亀戸5丁目にある亀戸中央通り商店街からちょっと横に入ったところに刀削麺のお店があったのでのぞいてみました。

お店の入り口。
亀戸刀削麺

昔は小料理屋だったんでしょうか、そのまま居抜きで使っているようです。
亀戸刀削麺

ロボットではなく人が削っています。
亀戸刀削麺

お店は中国人のご夫婦(多分)がやっているようで、席数は10席に届きません。また、お店の中にはいると、ほとんど中国語しか聞くことはできません。聞いた日本語はありがとうぐらいだったかな。
北京でよく行った庶民の麺屋さんとおんなじ雰囲気です。

このお店の奥さん(?)が西安出身ということでメニューに西安の凉皮(liang pi)や中国のハンバーガーと呼ばれる肉夹馍(rou jia mo)があるのが、他のお店と大きく違うところでしょうか。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中