月例写真コンテスト ー カメラ編

今朝の東京は小雨、予報では雨です。

 

 

 

アサヒカメラ2017年9月号の月例写真コンテストの入賞者が使用しているカメラのメーカーを調べてみました。

写真コンテストはハイアマを対象にした、カラープリント、モノクロプリント、組み写真、ビギナーを対象にしたファーストステップという4つの部門があります。上記はそれぞれの部門で使用されているカメラの比率をグラフにしています。

ハイアマを対象にした部門では、ニコンの使用比率がキヤノンより多くなっていますが、ビギナーを対象にした部門では逆にキヤノンがニコンを若干上回っています。
これをみるとハイアマ部門では、ニコン神話が健在ということがよくわかります。

参考までに、販売シェアでみると、一眼レフカテゴリーでは、長い間キヤノンがニコンを上回っています。ミラーレスカテゴリーでは、昨年はオリンパスが圧倒的に強く、後をソニー、キヤノンが追っているという状態です。
参考:BCN Award  https://www.bcnaward.jp/award/

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中